自己破産以外の方法|個人再生における費用

男性

債務を減らして再出発

背広の人

弁護士や司法書士への報酬

個人再生は借金の返済が困難になったとき、裁判所の決定により大幅に債務を減額してもらえる制度です。借金から逃れるための最終手段は自己破産ですが、自己破産すると自宅をはじめ財産を全部手放さなければなりません。これに比べて個人再生は、マイホームを残したまま借金を減額できることがメリットです。債務を減額してもらう方法としては、他に任意整理があります。任意整理は個別に債権者と交渉する必要があり、必ずしも成功するとは限りませんが、個人再生は裁判所が介在するため、認められればすべての債務を減額することが可能です。個人再生にかかる費用は、まず裁判所に提出する書類の収入印紙代が1万円ほどかかります。また官報に掲載する費用として1万2千円が必要です。さらに再生後の借金の返済計画を作成するため、個人再生委員に約25万円の報酬を支払う必要があり、あらかじめ裁判所へ納めなければなりません。ただし司法書士ではなく弁護士に依頼した場合は、この費用を約15万円に減らすことができます。個人再生は複雑な手続きが必要なので、弁護士か司法書士に依頼するのが一般的です。このときの費用は弁護士で着手金として30〜40万円ほど、成功報酬として10〜20万円ほどかかります。司法書士の場合は、もう少し安くなるのが普通です。着手金は依頼した時点で支払わなければなりませんが、弁護士事務所によっては分割払いが利用できます。また所得が低い方は、法テラスで立て替え払いをしてもらうことも可能です。

事故の際にも安心です

交通事故に遭っても保険会社に加入していると安心です。賠償金をもらうことができるでしょう。しかし、場合によっては賠償金をもらうことができません。事故を起こした際は大阪の弁護士に相談してみましょう。

税金相談する場合

中小企業の税務相談以外に個人の相続税は大きな関心となっています。相続税では全国的にこの分野に強い税理士はあまり数は多くはいませんが、千葉県のような人口が多い地区では増えてきています。。近年の流れから相続税は大きく注目されていますが、セミナーへの出席や口コミ、紹介等で税理士を選定する必要があります。

弁護士を探そう

相続問題は手続きが多岐にわたるので、プロに依頼した方がメリットが多いと言えます。司法書士や税理士の在籍している相続専門の弁護士事務所であればベストです。千葉で相続専門の弁護士を探す時は、豊富な経験のある弁護士を選びましょう。